2018年10月20日

小室達作品「童」ブロンズ化お披露目展をします!

11月3日(土‣祝)~10日(土)水‣木休み
12時~18時開廊

♦11月3日(土‣祝)15時から、お披露目ギャラリー・トークをします!♦

青葉城址にある二代目伊達政宗騎馬像を鋳造され、今回「童」ブロンズ化にあたられた三浦美術鋳造所の三浦則夫さんと、小室達ご子息の穣嗣さんをお迎えして、小室達を二番目に?知る男であるギャラリー非常勤総務が、「童」ブロンズ化にまつわるエピソードに始まり様々なお話をお二人から引き出します。
ぜひ、この機会に日本近代彫刻の息吹に触れてください。(入場無料)

2018年10月18日

パラオ共和国独立24周年記念祝賀会

明治記念館に総務と行ってきました。
昨年の土方展のオープニングで歌ってくれた紺屋あかりさんが、パラオ民謡を披露してくれました。
 
マツタロウ大使のスピーチで、土方久功の板彫りの功績について言及されたのが嬉しかったです。今日は来年の25周年記念のキックオフとのこと、、ギャラリーも乗るかも⁉

2018年10月13日

新聞記事:「まち工場跡」残す下町の原風景

産経新聞webニュースで、ギャラリーが取り上げられました。2018.10.13 16:00更新
ぜひ、ご覧ください。

【近ごろ都に流行るもの】「まち工場跡」残す下町の原風景
https://www.sankei.com/premium/news/181013/prm1810130008-n2.html

産経新聞の紙面には、15日に記事が載るそうです。

ヤフーニュースにも転載されています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000546-san-soci

2018年10月12日

展示が終わる

唯玲展、たくさんのお客様にご来場いただきまして、ありがとうございました。
  
様々な方と心をこめて相対する、唯さんの風のような、でも芯が揺らがない強さが心に残っています。
搬入したとき最終日ではまったく作品や空間の見え方が変わる、一定期間の展示というのはいいものですね、、と二人で話しました。
豊かな時間を、ありがとうございました。

2018年10月9日

生育し続ける空間

4日間、植物が日の光を浴びて育つように、出会いを重ねて、作品空間も深いたたずまいになるようです。
 

踊りが生まれる、その度に新しい息吹が場をつくる。


影がテーマという。しかし観念的ではない、洗われたようなリアリティを感じます。
それは唯さんが、日頃たくさんの子どもたちと触れる造形活動をされていることにもよるのかな。
あと2日。和紙で仕切られた幾葉かの、生育し続けている空間をどうぞ、味わいにいらしてください。

2018年10月5日

唯玲展「囲庭」 始まりました

雨の中、初日を迎えました。
ギャラリーに、瑞々しい空間が生まれています!

2018年10月3日

ぞうのみみの部屋

ちょっと用があって、ご近所のアトリエぞうのみみを訪ねました。
玄関を開けたら、2階から澄んだ氷の音が、、、そうだ、今日はアトリエの日だった。
克子先生に手招きされてのぞいてみると、先日の交流会で演奏してくれた、テリエさんの音楽をかけながら、子どもたちが油絵を描いていました。すぐ近くにこんなしあわせな場所が♪