2018年6月22日

小室達展、最終週です!

今日は梅雨の晴れ間の爽やかな一日でした。
宮城ご出身のお客様が今日もいらっしゃいました。
宮城の人にとっては、伊達政宗騎馬像というのは小さなときから親しんでいる大切な宝のような存在なんだなあと改めて思いました。
そして騎馬像のほかに、多岐にわたる小室の作品をご覧になって多くの方が驚かれます。

今回、毎日新聞(5/19夕刊)、東京新聞(5/31朝刊)、河北新報、月刊ギャラリー6月号、我が街かわら版(朝日新聞久が原地域折込パンフレット)6月号に、展覧会情報告知をしていただきました。ありがとうございました!

2018年6月19日

告知:ダンスカンパニーUzme第二回大瀧冬佳ソロ公演-靈-

2018年 7月7日(土)開場16:30/開演17:00 【満席につき10席増席】
     7月8日(日)開場16:30/開演17:00  
 
◎ダンスカンパニーUzme公式サイト http://uzme.dance/

2018年6月18日

糀谷小学校図工クラブのみなさん、ようこそ!

今日は、糀谷小学校の図工クラブの児童たちがギャラリーに作品鑑賞に訪れました。
放課後の短時間でしたが、先に思い思いに鑑賞、そのあとスライドを見てもらい、小室達や
騎馬像の歴史について知ってもらいました。
じつは今日は小室達の命日でした。
きっと一緒に作品のそばで児童たちの姿を微笑んで見守られていたことでしょう。
森校長先生、図工の小林先生、お疲れ様でした!

2018年6月17日

コルコバードの風

ゆるい日射しと風、、ボサノバ日和の午後となりました。
「ボサノバは飲みながらまったり聴くのがいいんですよ」というバンドリーダー・慶之助さんのお言葉で、ワインやビール片手に、くつろいだ雰囲気でライブは始まりました。
そとの空気が入ってきて、きもちいい、、、
コルコバードとは、リオデジャネイロにある観光名所だそう。

テナーサックスの市川さん、こきみよく音が空間にひびきます。
ベースの丹代さん、まろやかないい感じで全体を運んでくれます。
ギターと歌の慶之助さん、素敵な歌とMCで楽しく皆さんをひきこんでくれます。
 
作品たちも心地よさそうに聴いていましたね。
 
終わりごろにはお客様の中からも即興・飛び入りのダンスも出たりして、、、
 

たくさんのお客様に聴いていただけました。
コルコバ堂の皆さん、ほんとうにありがとうございました!  

2018年6月12日

北糀谷小学校のみなさん、ようこそ!

きのうは呑川をはさんだご近所の北糀谷小学校から6年生2クラスが、図工の校外学習で作品鑑賞そしてスケッチに来られました。
小室達の紹介、作品の見かたなどを、しばたの郷土館の小玉さんがお話してくれました。
1、2時限目は6年1組の児童たち。好きな作品を選んで、思い思いにスケッチをしました。動物がやっぱり人気ですね。
 3,4時限目は6年2組。こちらのクラスは裸像にトライする児童が出てきました。
 
「1つ1つリアルにつくられている」「よく観察されている」と、感想もでていました。
2時間授業だから、じっくりと作品に向き合って絵を描く時間をもてたのです。
入念な準備で臨んでくださった図工の田尻先生、そして後押ししてくださった小島校長先生、おつかれさまでした。
この日のようすは、13日18時から、ケーブルテレビj:comの「ディリーニュース(大田)」にて放映されます。スマホからも見れるそうです。→https://www2.myjcom.jp/special/dolocal/

2018年6月10日

ギャラリートーク「伊達政宗公騎馬像をつくった彫塑家の足あと」

1時間、たっぷりと聞かせていただきました!開始まで準備を入念にされる小玉敏さん
小玉さんのお話は、小室達そして騎馬像と長く、深く付き合ってきた人ならではの重みと、愛があるんですね。
ご子息が作品100点余りを寄贈されてから、しばたの郷土館で展覧会を何度もされてきたとのこと。
長く研究されてきた事柄を素朴な語り口でお話しくださり、参加者の活発な質問を通して、たくさんの交流もひろがりました。
あとで「標準語でしゃべっちゃったよ」とおっしゃったけど、十分東北弁でしたヨ。
雨降る一日でしたが、作家のご親戚や、関係者の方々もたくさん見えられて、
新たな出会いを重ねたうれしい一日となりました。
小玉さん、ありがとうございました!

2018年6月9日

包括支援センターの方々、ようこそ!

昨日と今日の午後、ご近所の包括支援センターの高齢者の方々が、展示を観に来てくださいました。
 
宮城がご出身で懐かしがられる方や、スライドで騎馬像にまつわる歴史を興味深くみていただく方など、みなさんにゆったりと鑑賞していただけました。
石福さんはじめ引率してくださった職員の方々、おつかれさまでした!