2018年12月12日

宮城紀行その2

一夜明けて、12月8日には河北新報を買い占めて、しばたの郷土館に顔出して、白石の佐藤紙子工房へご挨拶(小室達の中学時代の親友・佐藤忠太郎が創業)。
白石城と旧制白石中学跡を見て、宮城県美術館へ。所蔵品展の「帝展の作家」コーナーに、小室の「構想」が、某S先生お奨めの高橋英吉もありました。
夜は秋保温泉の岩沼屋へ。ロビー入ったところで、小室には珍しい大理石彫刻の「まどろみ」と初対面。夜には雪が降り、一面の雪景色になりました。
翌9日には、福島の佐藤さん宅へ、物置から出てきたという佐藤忠太郎の石膏頭像を拝見。奥様曰く「何か自分から出たくなって出てきたみたいでねー」と。
ご協力・ご支援いただいた多くの皆様のおかげで、とても幸せな企画展・プロジェクトになりました。ほんとうにありがとうございました。

2018年12月11日

宮城紀行その1

朝6時出発!ギャラリーで作品を積んで、福島で穣嗣さんご夫妻と待ち合わせ。途中、田村神社甲冑堂にご挨拶。床の間に懐かしい「楓と初音」がいました。
初日の宿、鎌先温泉の小室達ゆかりの宿・一條旅館にて。「乙女の像」など置かれている作品を鑑賞。翌朝には、第二十代一條一平社長にご案内いただきました。
そして、無事にしばたの郷土館に着きました。お世話になった郷土館の方々にブロンズ作品をお届けしました。その後、寄贈式、懇親会と続きました。

2018年12月10日

プロジェクト完了!柴田町役場で寄贈式

12月7日、柴田町役場にて、小室穣嗣さん弘子さんご夫妻と関係者列席のもと「童」と「ナイル」のブロンズ像寄贈式が行われました。
町長との1時間近くの懇談のなかで、小室達の素晴らしさを精一杯お伝えしてきました。これで、一連のプロジェクトがすべて完了しました。
来春には、しばたの郷土館にて、今回の作品を含む小室達展が開催される予定です。
ご支援いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました!
翌朝12月8日の河北新報にも、「童」の横でにっこり笑う穣嗣さんの写真と記事とで、大きく取り上げていただきました。
追記:河北新報ONLINE NEWSにも掲載されています(12/11現在)

2018年12月3日

冬のタンポポ

ツワブキ
黄色くて
上を向いて咲く逞しさはタンポポみたい
 

2018年11月25日

懐かしい機械の音

オオタノカケラ、終わりました。
スクリーンでずっと流れていた切削機械の音でしたが、ギャラリーの3階に聞こえてくると、なんだかタイムスリップした気持ちになりました。
工具の写し取りは、何度やっても新鮮な手応えがあります。
 
今日はポカポカ暖かく、来られた方々もゆったりと楽しまれていたようでした。酒百さん、ありがとうございました!東京工科大学の学生さんたちも、お疲れ様でした。

2018年11月24日

やっぱり楽しい、、工具の写し取り

大人も子どもも、何も考えずに、工具を画用紙にのせて、こすりだすだけ。でも、浮かび上がる形に、色にハッとする、、、このシンプルな技法で得られる楽しさをたくさんの方に味わってもらいたい♡
 
明日も11時~17時までです!

2018年11月23日

オオタノカケラ明日からです!

今日は天井と床に、味わいある展示がしつらえられました。お楽しみに!
□ワークショップは11:00~17:00いつでも参加できます。

□ギャラリートークは各日とも11:30~12:00と15:30~15:30の2回

工場まち歩きは要予約:otanokakera@gmail.com
 あす24日は大鳥居駅13:30集合
 あさって25日は京急蒲田駅13:30集合

各プログラムとも参加費は無料です。ご来場お待ちしております!
https://2222gmf.blogspot.com/2018/11/vol6.html